スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

悪の教典



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

晨光学院高校2年4組担任の英語教師・蓮実聖司は、爽やかな風貌と明るい雰囲気で生徒や同僚教師から深い信頼を得ている。集団カンニングの防止やモンスターペアレントの対応などにも積極的に取り組んでいた。物理教師の釣井はそんな蓮実の動向を怪しみ、彼の過去を調べ始めていた。同じ頃、生徒の早水圭介も蓮実に疑いを抱く。実は蓮実が過去に勤務していた学校では、集団自殺事件が発生していたのだ。事件に蓮実が関係しているのか…?

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最近なかなか映画を観れる時間が取れず・・・久々に観てきましたヾ(*´∀`*)ノ

「着信アリ」や「ゼブラーマン」などで知られる三池崇史監督作品です。
伊藤英明主演ですが、これが本当にハマり役!!
海猿からのイメージを一新させて、サイコパスを演じています。

開演からいきなりサイコな雰囲気で、これからどうなるの?!とドキドキ。
教育熱心で生徒にも評判がいい蓮実先生ことハスミンが、どこからおかしくなってくるのだろうとそればかりを考えていました(笑)

はっきり言って、映画自体はとても単調な印象を受けました。
ただ、淡々とした展開がハスミンのサイコパスな部分を表しているようで、ある種の怖さも感じさせる気がします。
そして、意外にも所々にコメディ要素があり、映画館内で惨殺シーンに似合わない笑い声も起きましたw

肝心の生徒を惨殺していくシーンでは、ちょっと物足りないというか。。
バトルロワイヤルを若干イメージしていたのですが、なぶり殺しというよりコレはもう狩り!
精神異常というよりは何かの使命感に囚われているような感覚です。

一番印象に残っているのは、この映画の要ともなっている曲「モリタート」。
歌詞が流れた瞬間、なんだか背筋がゾワゾワとしてしまいました。
もぉぉ選曲が絶妙すぎます!!

ちなみに私は原作を読んでいないので、これはどういうこと?と引っかかりがあったのですが、後々調べてようやく納得。
恐らく原作を読んでいれば一層面白かったかもしれません。
とりあえず、小説の分厚さを物っっ凄い縮めたんだな~というのは観ていて分かりました(笑)

記憶の新しいうちに序章もぜひ観てみたいですね(o´∀`o)

to DIE(トゥーダイ)(っ`Д´)っ・:∴




  •  iTunes Store(Japan)

関連記事

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。