スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

デンジャラス・ラン



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

南アフリカ・ケープタウン。諜報活動の最前線から遠く離れたこの地で、CIAの新米職員マット・ウェストンは隠れ家の管理という閑職に辟易していた。ある日、大物犯罪者が護送されてきた。その男の名はトビン・フロスト。元CIAの超エリート諜報員にして、今は国家機密を密売する危険人物として世界中から指名手配を受けていた。そんな時、隠れ家が武装した男たちに襲撃される。命からがらマットはフロストを連れ出すが…。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

CIAを裏切った指名手配犯との危険すぎる逃亡劇。
デンゼルワシントンの演技と貫禄はさすがの一言。
冷静沈着かつ不敵な笑みで、観ているこちらも圧倒されます。

そして、ライアン・レイノルズもこれまたかなり良い。
大物のデンゼルに喰われてしまうかな?と思っていたのですが、新米工作員とベテラン元工作員との対比を表すに相応しい役者さんでした。

逃走劇ということで、銃乱射やカーチェイスなど、期待のアクションも満載!
ただ、デンゼルが言葉巧みに心を操ってくるのかと思いきや。。
緊迫した心理戦は思った以上に少なく、そこはガッカリポイント。

もっと主人公を精神的に追い詰める何かがあれば面白さ倍増だったかなぁと。

そして物語の展開は特にひねりもないというか。。まぁありきたりですねw
この点の評価については可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

兎にも角にもこの映画はデンゼルの魅力が詰まりまくった映画なので、ファンならば必見です。




  •  iTunes Store(Japan)

関連記事

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。