コメディ/ヒューマン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

ファミリー・ツリー



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「サイドウェイ」「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎え、ハワイで暮らすある家族に起こる出来事を描いたドラマ。祖先の土地を受け継ぎ、ハワイで妻と2人の娘とともに暮らすマット・キングだが、ある日、妻のエリザベスがボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。さらに、エリザベスには不倫の相手がおり、離婚まで考えていたことが発覚。友人や長女もその事実を知っていたことにがく然としたマットは、自らの人生を見つめ直すことになる。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ジョージ・クルーニーのくたびれた父親役がなんともいい味を出してました。

仕事一筋でやってきた主人公マットは、娘2人の子育ても全て妻まかせ。
そんな矢先に愛する妻がボート事故で昏睡状態に。
妻の回復を願うとともに、難しい年頃の娘たちを相手に悩む日々を送ります。

そんな中、妻が浮気をし離婚まで考えていたことが発覚。
これをきっかけに、色々な問題が重なり合い、マットはつらい現実を乗り越えようと奮闘していきます。

自分だったら、頭を抱えてどうすりゃいいんだと叫びたくなるでしょうね。。

問題ばかりの娘たち。
親戚たちとの利害が絡んだ先祖代々受け継がれた土地の売却。
出来損ないの娘の彼氏。
そして、妻の裏切り。

マットはもちろんですが、登場人物ひとりひとりが浮かべる表情により、それぞれが持つ複雑な感情が言葉にしなくても伝わってきて、なんとも心にジーンときました。

どんなに言いたいことがあっても、反応してくれない愛する人。
家族の大切さを改めて考えさせられました。

舞台はハワイですが、その豊かな自然のおかげか抱えている問題はどれもヘビーなのに、そう感じさせないほどすんなりと観ることができました。
悩みや悲しみをゆっくり癒してくれる最高の場所ですね。

ラストにかけても、しばらく余韻に浸りたくなるような心温まるストーリー。
悲しみに暮れるだけではなく、新たな一歩を踏み出す大切さを教えてくれる素晴らしい映画でした。
スポンサーサイト

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

MONDAY



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

とあるホテルの一室で目覚めた男。ここがどこで、何故ここにいるのか分からず、頭を抱え必死に思い出そうとする。気を静めるために胸ポケットから取り出したたばこと一緒に床に落ちた、お浄めの塩。男の脳裏に、断片的な記憶が蘇ってくるが…。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

この映画を一言で言うなら「酒によって人生を狂わされた男」でしょうか。
マジメを絵に描いたような男が酒で踊り狂い、暴走していくさまを堤真一が見事に演じています。

ある朝ホテルのベッドで目を覚ました男は、なぜ自分がここにいるのか、なにをしていたのか思い出せず、自分の身に起きたことを必死に思い返していきます。

最初は些細な出来事から、そして次第に取り返しのつかない事態へ気付くことに。

シリアスな展開だけではなく、随所に有り得ないブラックユーモアがあり、それが良い味を出しています(笑)
なんともクレイジーな映画!

『誰か』のためにやったことは“正義”なのか“悪”なのか。
男は最終的にどのような決断をするのか。
ラストにかけて色々と考えさせてくれます。

ハチャメチャでそれでいて哀愁感のある、面白い映画でしたo(・∀・o)(o・∀・)o




  •  iTunes Store(Japan)

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

ヤング≒アダルト



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ヤングアダルト小説のゴーストライターをしているメイビスは37歳。ひとり暮らしの部屋で今日も二日酔いの朝を迎えた彼女に、一通の見慣れないメールが。それは高校時代の元カレ、バディからの、子供が誕生したという幸せいっぱいの案内状だった。苛立ったメイビスはバディと再びあの青春時代を取り戻そうと、故郷へ戻る事に決める。再会したバディにメイビスは、彼がいまだに自分に好意を持っているとカン違いしてしまい…。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

学生時代から美人で注目の的。
大都会では仕事も大成功。
しかし、現在では恋も仕事もさっぱりな過去の栄光にすがりつく痛いほどにダメな女をシャーリーズ・セロンが演じています。

昔の恋人から子供が産まれたと連絡をもらい、しばしの帰郷へ。
見栄っ張りで完全に過去を引きずり、自己中心的考えで周りから毛嫌いされる、こんな人いるいるって感じw

でもどっか憎めないのもまた良いヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

隣の芝生は青いと言いますが、この映画はまさにそれ。
どんなに恵まれていても、他人の方が幸せそうに見えることもあるのかな。

言ってることもやってることも本当にヒドイ(笑)
勘違い女ってこういうことですよね。
それを見事に演じているシャーリーズ・セロンは凄すぎます!

嫉妬の目とかリアルに怖かった(゚ロ゚ノ)ノw

大人になりきれない部分が自分にも重なったような気がして、とても面白い映画でした。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。