SF/ファンタジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

アイランド



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「パール・ハーバー」「アルマゲドン」のマイケル・ベイ監督が放つ近未来アクション巨編。
快適な管理都市に暮らす一組の男女が、自分たちの置かれた恐るべき現実を知ってしまい、非情な運命に逆らい2人で逃亡するさまをスリリングに描く。
近未来。大気汚染から守られ、管理の行き届いた安全で快適なコミュニティで暮らすリンカーン。彼やその他の住人にとっての夢は、地上最後の楽園といわれる“アイランド”へ行くこと。そしてその抽選会が毎日のように行なわれていた。だがある日、リンカーンは換気口から入ってきた一匹の蛾を見て、ある疑念を抱き・・・。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

まず最初に、スカーレット・ヨハンソンがキュートすぎる---(*゚∀゚*)---!!!
スカーレットといえばセクシーなイメージや何かとスキャンダルの多い女優というイメージですが、この作品は本当にピュアな役どころでなんか新鮮です♪

大気汚染から逃れた生存者たちが暮らす施設で日々を送る主人公リンカーン。
そこは、食事や体調管理、衣類や男女の接触までも管理されているとても安心で安全な場所。
誰も疑問を持たず、与えられた仕事も黙々とこなしていました。

ただ一つの楽しみは、地上最後の楽園と呼ばれる“アイランド”行きに選ばれること。

しかし、“アイランド”行きの真の目的が暴かれたとき、物語が大きく変化していきます。

正直、先読みしやすい作品かなと思います。
ですが、緊迫のアクションとスリリングな展開に面白いなぁと見入っちゃいました。

いつかは現実になりえるかもしれないテーマを題材とし、「いつまでも生きたい」と願う人間らしさと欲望の愚かさを上手く表現している気がします。

重々しいものではないので、気分転換くらいで十分だと思います( ̄∀ ̄ )
スポンサーサイト

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

ミッション:8ミニッツ



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

デビュー作「月に囚われた男」が評判となったダンカン・ジョーンズ監督の第2作。シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。犯人捜索のため政府が遂行する極秘ミッションに、米軍エリートのスティーブンスが選ばれる。事故犠牲者の事件発生8分前の意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという作戦で、必ず8分後には爆破が起こり元の自分に戻るスティーブンスは、何度も「死」を体験するうちに次第に作戦への疑惑を抱きはじめる。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「映画通ほど騙される」というキャッチに惹かれ観てみました。
結果は・・・個人的には、うーん。。かな(´д`;)

米軍スティーブンスは気が付くと狭いカプセルの中に閉じ込められていた。
モニターからシカゴで列車爆破テロが発生したとの情報が入り、次のテロを防ぐため、テロ犠牲者“ショーン”の意識に入り、犯人を捜し出さなければならないとの強制的指令が下る。

設定はかなり面白いし、展開もハラハラドキドキで楽しめました。
途中までは(笑)

犯人は誰なのか、なぜこのミッションに自分が選ばれたのかという二重の謎を追っていくスティーブンス。
8分間と限られた時間の中で、手がかりのない犯人に近づいていきます。

人の潜在意識に潜り込むという設定は、まさしく「インセプション」。
そして、時間軸を巻き戻しまた再生するのも、なんだか似たような映画が。。

ラストに繋がる展開は、それまでの会話の内容でだいたい想像できます。
正直、驚きはないしどこで自分が騙されているのかは疑問。
終わったと見せかけて実はまだ続きが・・・のくだりは、ちょっとクドい。
「シックス・センス」のように種を明かした後のちょっと切な系エンディングでも十分通用したのではないかと。

SFなので、何でもありの世界と言ったらそれまでですが。。
若干ケチをつけましたが、総合評価は3.5くらいかな?

賛否両論がはっきり分かれる一作かなと思います(・∀・)人(´・∀・`)




  •  iTunes Store(Japan)

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

インセプション



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのコブは、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける“インセプション”の依頼を受ける。このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル集団を結成する。だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…。


*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最大限にCGを盛り込んだ、とても手が込んだ一作だと思います。
内容を掴むのが少し難しい気もしますが、観た人の評価はかなり高めだと思います。

今は「夢」で今は「現実」なのか。
観ているこちらもハラハラし、だんだんと混乱に巻き込まれていくので、目が離せません。

物語の展開は早く、空間演出がかなり上手いので、多少の疑問はさておき見入ってしまいました(・∀・)
クリストファー・ノーラン監督の独創性と発想力は本当に凄い。

渡辺謙も「ラストサムライ」に引き続き、おいしい役どころなのではないでしょうか。
ハリウッドであれだけの大役を任されるなんて(*´д`*)

一言で語るのには、とても複雑な仕上がりになっているので、これはもう観てみるしかないですね。
うっかりネタバレも披露してしまいそうですw

ちなみに、私は劇場に引き続き3回観ちゃいました!
終わりよければすべて良し。
なんだか心に残る映画でした。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。