スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

ファミリー・ツリー



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「サイドウェイ」「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎え、ハワイで暮らすある家族に起こる出来事を描いたドラマ。祖先の土地を受け継ぎ、ハワイで妻と2人の娘とともに暮らすマット・キングだが、ある日、妻のエリザベスがボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。さらに、エリザベスには不倫の相手がおり、離婚まで考えていたことが発覚。友人や長女もその事実を知っていたことにがく然としたマットは、自らの人生を見つめ直すことになる。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ジョージ・クルーニーのくたびれた父親役がなんともいい味を出してました。

仕事一筋でやってきた主人公マットは、娘2人の子育ても全て妻まかせ。
そんな矢先に愛する妻がボート事故で昏睡状態に。
妻の回復を願うとともに、難しい年頃の娘たちを相手に悩む日々を送ります。

そんな中、妻が浮気をし離婚まで考えていたことが発覚。
これをきっかけに、色々な問題が重なり合い、マットはつらい現実を乗り越えようと奮闘していきます。

自分だったら、頭を抱えてどうすりゃいいんだと叫びたくなるでしょうね。。

問題ばかりの娘たち。
親戚たちとの利害が絡んだ先祖代々受け継がれた土地の売却。
出来損ないの娘の彼氏。
そして、妻の裏切り。

マットはもちろんですが、登場人物ひとりひとりが浮かべる表情により、それぞれが持つ複雑な感情が言葉にしなくても伝わってきて、なんとも心にジーンときました。

どんなに言いたいことがあっても、反応してくれない愛する人。
家族の大切さを改めて考えさせられました。

舞台はハワイですが、その豊かな自然のおかげか抱えている問題はどれもヘビーなのに、そう感じさせないほどすんなりと観ることができました。
悩みや悲しみをゆっくり癒してくれる最高の場所ですね。

ラストにかけても、しばらく余韻に浸りたくなるような心温まるストーリー。
悲しみに暮れるだけではなく、新たな一歩を踏み出す大切さを教えてくれる素晴らしい映画でした。
スポンサーサイト

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

悪の教典



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【解説】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

晨光学院高校2年4組担任の英語教師・蓮実聖司は、爽やかな風貌と明るい雰囲気で生徒や同僚教師から深い信頼を得ている。集団カンニングの防止やモンスターペアレントの対応などにも積極的に取り組んでいた。物理教師の釣井はそんな蓮実の動向を怪しみ、彼の過去を調べ始めていた。同じ頃、生徒の早水圭介も蓮実に疑いを抱く。実は蓮実が過去に勤務していた学校では、集団自殺事件が発生していたのだ。事件に蓮実が関係しているのか…?

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚【感想】 *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最近なかなか映画を観れる時間が取れず・・・久々に観てきましたヾ(*´∀`*)ノ

「着信アリ」や「ゼブラーマン」などで知られる三池崇史監督作品です。
伊藤英明主演ですが、これが本当にハマり役!!
海猿からのイメージを一新させて、サイコパスを演じています。

開演からいきなりサイコな雰囲気で、これからどうなるの?!とドキドキ。
教育熱心で生徒にも評判がいい蓮実先生ことハスミンが、どこからおかしくなってくるのだろうとそればかりを考えていました(笑)

はっきり言って、映画自体はとても単調な印象を受けました。
ただ、淡々とした展開がハスミンのサイコパスな部分を表しているようで、ある種の怖さも感じさせる気がします。
そして、意外にも所々にコメディ要素があり、映画館内で惨殺シーンに似合わない笑い声も起きましたw

肝心の生徒を惨殺していくシーンでは、ちょっと物足りないというか。。
バトルロワイヤルを若干イメージしていたのですが、なぶり殺しというよりコレはもう狩り!
精神異常というよりは何かの使命感に囚われているような感覚です。

一番印象に残っているのは、この映画の要ともなっている曲「モリタート」。
歌詞が流れた瞬間、なんだか背筋がゾワゾワとしてしまいました。
もぉぉ選曲が絶妙すぎます!!

ちなみに私は原作を読んでいないので、これはどういうこと?と引っかかりがあったのですが、後々調べてようやく納得。
恐らく原作を読んでいれば一層面白かったかもしれません。
とりあえず、小説の分厚さを物っっ凄い縮めたんだな~というのは観ていて分かりました(笑)

記憶の新しいうちに序章もぜひ観てみたいですね(o´∀`o)

to DIE(トゥーダイ)(っ`Д´)っ・:∴




  •  iTunes Store(Japan)

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!

「推理作家ポー 最期の5日間」試写会行ってきました!

img.jpg

大好きなミステリー映画でございます(*´∀`*)

試写会なんて、何年ぶりでしょう。
タダで映画が観れるって・・・素晴らしいですよね(笑)

この映画は、実在したエドガー・アラン・ポーの未だ謎に満ちた死を題材にしたフィクションもの。

ポーは自分の詩が売れず、ただただ貧困に苦しむ毎日を送っていました。
そんな折、ポーの推理小説に魅せられ、小説になぞらえて殺人を繰り返す模倣犯の存在が明らかに。
さらには愛する婚約者エミリーを誘拐されてしまい、無事に救出するべく犯人との直接対決に挑んでいきます。

正直、ちょっとグロいです。。
姿の見えない犯人が殺人を犯すシーンは、ギャ━━(゚ロ゚ノ)ノ ━━ッ!!でしたw
そういや、SAW(ソウ)にこんな場面あったような・・・とか余計なことも思ったり(笑)

ポーは探偵ではないし、警察でもない。
あくまで小説家であり詩人なので恋人が誘拐されれば取り乱すし、常に酒がないと落ち着かないどうしようもなさ。
なんというか、この人間臭さがとてもいい。

どこぞの探偵のように鋭い分析力でかっこよく犯人を追い詰める・・・なんてこの映画では面白みに欠けます。
ここら辺もひとつのハラハラ要因に加わるのかなと。

しかしこの作品は脳みそフル回転させられますね。
少し気を逸らしていると、あれ?今のはえっと、なんだっけ?ともなりかねません。
というか、なりました(笑)

ここは完全に私の集中力の問題ですかね。。w

まぁ、“推理作家ポー 最期の5日間”というタイトルだけあって、最後にポーが死んでしまうというのはもう分かりきっていることなので、どういった経緯でその短い生涯を終えることになったのか、というのをひたすら見守る映画といったところでしょうか。

ほどよい緊迫感はなんとも心地の良いものでしたが、ちょっと好みが分かれそうな作品かなと。
ちなみに、私は好きですけどね(o゜▽゜)

スポンサーサイト

映画館で並ばずにチケットが買える!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。